2016年12月26日

もぎ取られた花うららの5か月後

双頭だった花うららを、なんと手で左右に引き裂いて分離したのは、
今年の7月()。

それからどうなった?

161226_1.jpg
(左:花うららです。右:花うららです)

あんなひどい目に遭ったばかりでなく、傷口には何も塗ってもらえなかったのに
病気になることもなくそれぞれ立派に独立しました。
ただ、悲劇の記憶のせいか、やや顔色が優れないようにも見えるけどね。
いやー、丈夫でよかった。

うちにはほかにも花うららに似たようなのがいる。
線で囲った多肉たちはどれがどれだかよくわからない。

161226_2.jpg

名前を書いておくのは大事だなと思いました。


スポンサードリンク

タグ:花うらら
posted by みんみん45 at 13:28 | Comment(0) | 花うらら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

あしゅら男爵な花うららを分離する。

うちの花うららは顔が二つあるので、「あしゅら男爵」って呼んでいるんだけど
生長して境目がだいぶわかりやすくなってきたので分離することにしました。
個人的な趣味の問題として、双頭ってあんまり好きじゃないのです。

151125_2.jpg
(去年の11月末ごろ)

ちなみにあしゅら男爵はこれ↓

20110531_sawajirierika_13.jpg
(お借りしました。これ知っている人って一体何歳なの・・・)

分離にはいつものようにはさみか、それともカッターか、はたまたテグス?
でもテグスはないから糸かな?なんて考えながら境目を探していたんだけど、
なんだかそのままイケそうな気がしたので、ブリッともいじゃった!
(おっそろしい)

160725_1.jpg
(凄惨な事件現場)

160725_2.jpg
(もがれた跡が痛々しい)

このまましばらく乾かします。

こんな無茶苦茶するのは私の雑な性格はもとより、過ごしやすい夏のせいもあります。
ここ最近は最高気温が30℃になるかならないか位で朝晩は涼しい。
子供は物足りなさそうだけど、私はほんとに助かる。多肉もそう思っているはず。
日照が少ないのかちょっと気になるけどね。


スポンサードリンク

タグ:花うらら
posted by みんみん45 at 13:15 | Comment(0) | 花うらら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする