2016年06月13日

我が家で唯一の硬ハオルチア

十二の巻の中心から伸びた茎がこんなに長くなった。

160613_1.jpg
(ちょっと長すぎじゃないの?)

私は硬ハオルチアにはあんまり関心がないというか、
その良さがまだわかりません・・・。

じゃなんで持っているのかっていうと、
多肉を本格的に始めたおととしの秋、あるネットショップで買ったアソートの中に
入っていたのです。ショップの見本画像には色鮮やかなエケベリアばかりが
掲載されていたのに、あまりに予想外の十二の巻。他にはアラントイデス、樹氷とか・・・。
しかもひょろんとした頼りないのもいくつかあった。
(言うまでもなくそれは今は存在してない)

この経験から、やっぱり多肉はほしいものをひとつずつ選んで買ったほうがいいし、
ショップの信用度も考慮に入れて買い物すべきだなと。

・・・そんな面白くない思い出話はどうでもいいのです。

そんなことより、先週末、ふとベランダを見やったら、

160613_2.jpg
(なんでアンタそこにいる!?)

ベランダの手すりをアゲハの幼虫がお散歩・・・。
(二度見しちゃった)

アゲハの幼虫は蛹化(蛹になること)する前にそれまでいたミカンの木を降り、
蛹になる場所を探すのだそうです。

キモさにおののきながらなんとか身柄を確保。
さらに数日後見たらちゃんと蛹になっていました。

160613_3.jpg

他の幼虫もいつ木を離れるかわからないので油断できません。
いなくなってしまうのは仕方ないとしても、移動中の幼虫を「うにゅ」とか、
うっかり踏んづけてしまうというお互いにとっての不幸を避けたいのです・・・。



スポンサードリンク

posted by みんみん45 at 09:01 | Comment(2) | 十二の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする