2016年12月04日

夏の大やけどから立ち直ろうとしてる妙義蓮

夏に顔の中心部に大やけどを負った妙義蓮。
多肉は顔が命・・・いや、生長点が命なので、「終わったな」と思ったけど
中心部からみずみずしい新しい葉が出てきて、焼けだたれた葉が下へと。

助かったんだね!!

161204_1.jpg

161204_2.jpg

中心点が焼けるとやがて茎までダメージが広がりダメになるとか、
下の葉が焼けただけでも茎にまでダメージが達しているとやっぱりダメになるとか
って書いてある記事があって、とてもためになったんだけどあればどなたの
ブログだったんだろう・・・。もっと読みたい。

妙義蓮は銀明色×想府蓮らしいけど、どうしてそういう命名したんだろう?
妙義山(上毛三山のひとつ)なら知ってるけど群馬県と関係あるのかな?

ネットで見たよそのお宅の妙義蓮はどれもすごく素敵で、「こう育つなら」と
思って買ってみたんけど、うちのはちょっと不細工。

これからかっこ良くなるのかな???


スポンサードリンク

タグ:妙義蓮
posted by みんみん45 at 14:38 | Comment(0) | 妙義蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする